【水道局指定工事店】山陰のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「さんいん水道職人」 » 風呂の水漏れにうまく対応するには?具体的方法を解説

山陰 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

風呂の水漏れにうまく対応するには?具体的方法を解説

2022年07月29日 お風呂

ひと口に水漏れといっても、さまざまな原因があります。今回は、その水漏れにうまく対応する方法をお伝えしていきます。


自分でできる対処法についても触れていきますので、ぜひ参考にしてみてください。


お風呂の水漏れの原因は?


水漏れはお風呂場内のさまざまな場所で起こります。以下、事例をあげていきますので確認してみてください。


バスタブ
バスタブからの水漏れは、その原因もさまざま。問題が生じている場所によっては自力対処が困難なケースもあります。


バスタブからの水漏れ原因が壁面の亀裂の場合、結論として自力で対処はできません。バスタブ取り替えもしくは修理が必要なので専門業者を呼びましょう。


排水栓や排水口に原因がある場合、基本的にはパーツ交換のみで対処可能です。ただし適切なパーツと交換しなければならないので、メーカーに問い合わせるなどしてきちんとチェックしましょう。


給湯器関連に原因がある場合、結論としては専門業者に依頼することになります。素人では原因の特定・判断が難しいためです。専門技術を必要とされる作業なので、自力では難しいといえるでしょう。


床下・壁面
お風呂場の水漏れが床下や壁面から発生している場合、すぐに専門業者へ依頼しましょう。


この場合の原因としては、大きく分けて「経年劣化」と「床下や壁面の内部配管やパイプの損傷」であることが考えられます。


これらの状況では、素人ができるレベルを超えています。したがって、お風呂場で床下や壁面から水漏れが生じている場合、すぐに専門業者へ依頼する必要があります。


ちなみにこのケースの水漏れではリフォーム会社や住宅メーカーに依頼することになるかもしれません。よって、状況を整理し、どこに相談すべきなのかきちんと検討しましょう。


給湯器
給湯器は取り付けるところにより、以下2つのタイプに分けられます。


・お風呂場内に取り付けるタイプ
・お風呂場外に取り付けるタイプ


上記2つのタイプのうち、水漏れを起こしやすいのは、お風呂場内に取り付けるタイプのものです。


お風呂場の水漏れ原因となるのは、はじめに給排水ホースのひび割れなどが挙げられます。くわえて、その他にもパッキンや安全弁などの痛みやジョイント部分の緩みといったことも原因になります。


給湯器の寿命は、おおむね10年から15年といわれています。したがって、長年使用していると上述のようにパーツなどの損傷や傷みが起こってしまうのです。


くわえて、給湯器には内部パーツの劣化や内部に圧力がかかってしまうなど、トラブルも多々あります。


最悪のケースで、給湯器の不具合を自力で対処しようとして「一酸化炭素中毒」になる危険性もあります。このリスクを考えても、専門業者に依頼するのが最善の方法です。


お風呂の水漏れの予防方法とは?


お風呂場からの水漏れ問題には、確かな予防方法があります。 ここでは、そのお風呂場からの水漏れの予防法をいくつかご紹介します。


日頃の使用は慎重に
日頃、生活をする中で、お風呂場での水道の使い方を丁寧にするだけでも、水漏れの防止になります。以下、簡単な予防法ですのでぜひ実践してみてください。


・お湯張りするときは湯船からお湯が溢れないように気をつける
・排水口に固形石けんのカス・毛髪などがつまらないように習慣的にきれいにしておく
・蛇口は固く閉めないようにして、パッキンの劣化を防ぐ
・お風呂場の壁タイルをマメに清掃してシリコンやゴム部分にカビが生えないようにして劣化を防ぐ
・お風呂場全体にカビが生えないように換気を徹底


以上の予防法は、いずれも手軽にできるものです。普段からの意識付けを大切にしていきましょう。


お風呂場の定期点検
お風呂場で水漏れが生じる前にお風呂場の定期点検をすることが必要です。蛇口パッキンやバスタブなどが傷んでいないかチェックし、長い間使用しているものであれば、早急に取り替えましょう。


給湯器も使用開始から長い間一回も点検したことがないのであればトラブルが起こる前に専門業者に点検してもらうのがベストです。


プロの業者の中にはお風呂場のクリーニングを実施している会社もあります。したがって、もし自力で汚れを落とせない、あるいは清掃が苦手な場合には、専門業者に依頼してお風呂のメンテナンスをしてもらいましょう。


定期点検をすることで、思いもよらぬ問題を発見でき、水漏れ被害が広がる前に対処できるかもしれません。


お風呂の水漏れ対策は自力でできる?


お風呂場からの水漏れ問題については、コストを抑えたいという考えから、プロの業者を介さずに自分で対処しようと考える方は多いかもしれません。


実際のところ、自力で対処するメリットは、コストを抑えられるという点です。


ただし、一方でデメリットもあることを考えなければなりません。


自力対処のデメリット
・水漏れの原因を見つけることに時間がかかる
・交換修理のためのパーツや道具を用意しなければならない
・経験と知識がないので失敗することもあり、状況を悪化させてしまう


以上が自力で対処するデメリットです。
それでは、どのようなケースであれば自分で対処できるのでしょうか。


自力対処できるケース
・原因がクリアーで、パッキン取り替えなど作業が必要最小限で済むとき


つまり、お風呂場からの水漏れに自力対処できるのかどうかをきちんとジャッジすることが大事です。もし自力対処が困難であれば、プロの業者に依頼するようにしましょう。また、状況が自分で対処できるようであっても、急ぎで直したいという場合はプロの業者に依頼するのがおすすめです。


自力で対処できない水漏れは業者に依頼しましょう


浴室での水漏れトラブルをプロの業者へ依頼する場合、パーツの取り替えや修理費用が不安という方もいるでしょう。 ここでは、お風呂場からの水漏れ問題をプロの業者に対応してもらうときにかかる費用について説明していきます。


水漏れ問題をプロの業者に対応してもらうときの費用は、一般的に「基本料金+作業料金+部品代+出張料」といった内訳となります。


ではここで、水漏れ原因ごとの費用相場を解説していきます。


バスタブからの水漏れの場合:修理7万円~、交換9万円~(バスタブ本体5万円~)
床下からの水漏れ:3万円~
壁面からの水漏れ: 10万円~
給湯器からの水漏れ:修理1万円~、交換10万円~
蛇口からの水漏れ:修理5万円~、交換3万円~
シャワーヘッドからの水漏れ:シャワーヘッド交換費用は5,000円~
シャワーパイプからの水漏れ:交換1万円~
換気扇からの水漏れ:修理2万円~、交換5万円~


上記の費用はあくまで参考程度のものです。実際の水漏れ状況により価格は変動するので、複数業者に相見積もりをとって、費用の比較検討することをおすすめします。


まとめ


今回は、お風呂の水漏れにうまく対応する具体的な方法について解説してきました。お風呂の水漏れにはさまざまな原因があることが分かっていただけたと思います。


ぜひ対処方法の参考としてみてください。もしも自分の手に負えないときは、無理せず専門業者に依頼をしましょう。


島根・鳥取のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「さんいん水道職人(山陰水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

さんいん水道職人(山陰水道職人) 0120-492-315

 さんいん水道職人(山陰水道職人) 0120-492-315