【水道局指定工事店】山陰のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「さんいん水道職人」 » お風呂のお湯が出なくなった際に真っ先に確認するべき点とは?

山陰 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

お風呂のお湯が出なくなった際に真っ先に確認するべき点とは?

2021年12月13日 お風呂のトラブル


お風呂のお湯が出なくなってしまうと、とても不便ですよね。湯船につかることはもちろんできませんし、シャワーもお湯が出ないため水で洗うことになってしまいます。冬場にそのようなトラブルが発生すると最悪です。

本記事では、お風呂のお湯が出なくなった時確認するべき点、考えられる原因、解決方法を紹介します。

お風呂のお湯が出なくなった際に真っ先に確認するべき点


お風呂のお湯が出なくなってしまったら、キッチンや洗面所など他の水廻りもお湯が出るかも確認しましょう。家中の水廻りでお湯が出なくなっている場合は、あらゆる原因が考えられます。

給湯器の電源が入っていない、給湯器本体のプラグが抜けている、給湯器のブレイカーが落ちてしまっている、複数箇所でお湯を同時に使用したため、給湯能力が不足しているなどです。

また、ガスの安全装置が作動してしまっていることも考えられます。ガス臭い匂いがしたときは、ガス漏れが起きている可能性もあります。元栓を閉め、すぐにガス会社や給湯器のメーカーに連絡しましょう。

原因が不明な場合はリモコンパネルを確認してみましょう。エラーコードが表示されていれば、不具合の場所も教えてくれます。その場合、対応法を取扱説明書で確認できます。

お風呂のお湯だけが出ないのであれば、蛇口やシャワーで不具合を起こしていないか、サーモカートリッジは故障してないか、リモコンの優先設定がお風呂場以外になっていないか、などを確認してください。全てのケースが当てはまらない時は、給湯器本体のトラブルが原因の可能性もあります。

なお給湯器を10年近く使用している場合には、経年劣化による故障が考えられます。販売業者に相談しましょう。給湯器の寿命は10年と言われていて、これは「安全に使用することができる期間」の目安でもあるので、10年を基準にして点検・交換を行うことをおすすめします。

お風呂のお湯が出なくなる理由として考えられること


お風呂場の蛇口やシャワーで不具合が起きている場合は、蛇口のフィルターにさびやゴミが詰まっている可能性があります。フィルターの掃除をしましょう。

また、シャワーヘッドに圧がかかったままだとお湯が出なくなる場合もあります。

さらにサーモカートリッジの故障の場合もあります。サーモカートリッジとは水の温度を調節してくれるところです。蛇口の根元についていて、ハンドルを回すことで出てくる水の温度を調整します。

この故障は経年劣化の他、バブルの不具合やハンドル部分の劣化によることが原因です。その場合は、サーモカートリッジを交換しなければいけません。自分で交換用部品を取り寄せることも可能ですが、作業に慣れていない人には難しいです。

その他に考えられる要因は、お風呂以外の給油機のリモコンで「優先」となっている可能性です。お風呂やキッチンなどあらゆる場所に給油機のリモコンが設置されていると、どこかが「優先」の設定になっています。各リモコン画面を確認すると、優先設定になっている場所には「優先」のランプが点灯しています。

キッチンのリモコンが優先になっていて、低く温度設定がされていれば、お風呂のお湯もその温度となります。その時は、お風呂場内にあるリモコンの「優先」を押すことで、お湯の温度を自由に上げることが出来ます。

配管からの水漏れや給湯器本体からの異常音などがあり、給湯器本体のトラブルが考えられるのであれば専門業者へ修理の依頼をしましょう。

お風呂のお湯トラブルの解決方法


お風呂場だけお湯が出なくなった場合の解決方法を見ていきましょう。

お風呂の蛇口が詰まってしまっていれば、蛇口のフィルターを掃除します。マイナスドライバーなどで止水栓を閉め、フィルターのキャップを外します。取り出したフィルターはブラシなどで汚れを取り除き、元に戻します。そして水が出るかの動作確認をします。

サーモカートリッジの故障は、お湯の温度設定が出来なくなりお湯が出なくなります。原因としては経年劣化の他、バブルの不具合やハンドル部分の劣化である可能性が高いです。このような原因が考えられた場合は、サーモカートリッジを交換する必要があります。

また、リモコンの優先設定がお風呂場ではない可能性もあります。優先設定になっているリモコンには「優先」のランプが点灯しています。そのランプがお風呂場についていなければ、お風呂場を「優先」にして温度を上げましょう。それでも解決しない場合は、給湯器本体のトラブルが原因だと考えられます。

また、給湯器の寿命は10年と言われています。10年近く使用している給湯器からお湯が出なくなった場合、経年劣化による故障の可能性が考えられます。

給湯器本体の故障は、自分では直すのは困難です。出ないのはお湯だけなのか、どのようなエラーコードが出ているのかなど症状を詳しく確認しましょう。そして専門業者に修理依頼を連絡するとスムーズです。

まとめ


毎日利用するお風呂から突然お湯が出なくなってしまったら、慌ててしまいますね。

お風呂のお湯が出なくなった場合、まず他の水回りでもお湯が出るかどうか調べてみましょう。お風呂場のお湯だけが出なくなった場合は、蛇口の水栓フィルターやサーモカートリッジなどのお風呂側の水栓のトラブルが原因である可能性が高いです。

給湯器本体の故障の場合は、使用年数が10年以上であれば経年劣化による故障と考えられます。その場合は自身で直すのは難しいです。早めに修理の依頼や交換を考えましょう。原因を速やかに突き止めることが大切です。

島根・鳥取のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「さんいん水道職人(山陰水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

さんいん水道職人(山陰水道職人) 0120-492-315

 さんいん水道職人(山陰水道職人) 0120-492-315