【水道局指定工事店】山陰のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「さんいん水道職人」 » キッチンの水道パッキンの交換費用相場とは?交換方法もチェック!

山陰 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

キッチンの水道パッキンの交換費用相場とは?交換方法もチェック!

2021年12月24日 キッチンのトラブル

「蛇口から水が漏れている」こんな経験をしたことはありませんか?

使っていないのに蛇口から漏れるのは水道パッキンに原因があるかもしれません。水道パッキンにも寿命があり、交換の時期が来ている可能性もあります。

そこで今回は、キッチンの水道パッキンの交換費用相場をご紹介します。この記事を読めばキッチンの水道パッキンの交換費用がおよそいくらか分かる上に、交換方法まで理解できますよ。

キッチンの水道パッキンの寿命


まずはキッチンの水道パッキンの寿命から見ていきましょう。

蛇口には欠かせないアイテムである水道パッキン。水道パッキンはゴム製でできており、配管の接続にも使われています。水道パッキンは消耗品の1つで、寿命が来たら交換する必要があります。

水道パッキンの寿命は基本的に10年程度だといわれています。ただし、使用頻度が高ければ高いほど水道パッキンに負担がかかっていくので、10年たたないうちに交換が必要になるケースもあるでしょう。

水の影響で摩耗しやすく、水圧が原因で変形することもあります。原型が変わってしまうと金属部分やプラスチックの間に隙間が生じて、使っていないのに水漏れを引き起こすこともあるのです。

使用してからそこまで年数が経っていないにもかかわらず、使っていない蛇口から水が漏れていたらパッキンの劣化を疑った方がよいでしょう。

ちなみに、パッキンには全部で5つの種類があります。

1つ目は平パッキンです。平べったくリング状の形をしています。2つ目はOリングで輪っかの形をしています。3つ目は三角パッキン。形状はOリングと似ているものの、表面が台形状になっているのが特徴です。4つ目はUパッキン。裏面に溝が彫られているのが特徴です。最後はコマパッキン。蛇口内のコマと結合するタイプのパッキンです。

すべての種類が家庭用蛇口に使用されています。

キッチンの水道パッキンの費用相場


実際に、キッチンの水道パッキンを交換するとなるとどれだけの費用がかかるのでしょうか。水道パッキンの交換費用は、どのような方法で対応するかで異なります。

自分で水道パッキンを交換する場合は部品費用だけで済むので、およそ200円程度で抑えられるでしょう。

ただし、作業にはレンチやウォーターポンププライヤーなどの工具が必要になります。家に工具があるのであれば問題ありませんが、ない場合はホームセンターなどで購入しなければいけないので初期費用のようなものはかかるでしょう。工具を購入しても費用はおよそ1,000〜3,000円程度です。

とはいえ、自分で水道パッキンを交換するのには少しコツが要ります。取り付けを失敗すると水漏れの原因となるので、注意しなければいけません。

業者に依頼する場合は部品代だけではなく、作業料金や出張料などがかかります。業者によって料金体系はさまざまですが、基本的には5,000〜10,000円程度が相場となっています。ただし、蛇口の種類によっては相場以上の費用が必要になるケースもあります。事前に依頼する業者の料金体系をチェックしておくとよいでしょう。

もし料金体系がわからない場合はお問い合わせフォームや電話で蛇口の種類と水道パッキンの交換に関する費用について相談してみるとよいですよ。有料業者であれば一つ一つ丁寧に対応してくれますし、見積もりも無料でしてくれるでしょう。

キッチンの水道パッキンを交換する方法


上記でもお伝えしましたが、水道パッキンの交換は自分でしたほうが安く抑えられます。

とはいえ、しっかり取り付けていないと水漏れなどを引き起こす場合もあります。パッキンを装着する際は、隙間ができないように正確な作業をする必要があるのです。

また、水栓の種類によっても取り付け方が違うので、まずは家の水栓の種類をチェックしておきましょう。

それぞれの水栓の種類に合わせた水道パッキンの交換方法を1つずつ説明していきます。
■単水栓の場合
最初にウォーターフライヤーでナットを緩めてください。ハンドルを外して、パッキンも取り外します。新しいパッキンを取り付けて、最後にナットを閉めれば完了です。
■ハンドル混合水栓の場合
まずはドライバーを使ってハンドルキャップとハンドル中央にあるネジを取り外します。ハンドルも忘れずに外してください。次にカバーナットを取り外します。続いてカバーナットの内側、スピンドルの下それぞれにあるパッキンを新しいものに取り替えます。

後はカバーナットとハンドルをスピンドルの上から取り付けてください。次にハンドル中央のネジを固定し、キャップもはめ込みます。蛇口を開けてみて水漏れがないかを確認し、問題なければ完了です。

注意して欲しい点として、水道パッキンを交換する際は、止水栓を閉じてから行うようにしてください。止水栓を閉じていないと水がだだ漏れになって交換しづらいので、修理の前に閉めるのを忘れないようにしましょう。
■慣れないうちは業者に頼むのがおすすめ
水道パッキンは目に見えないところにあるため、劣化しているかどうかはなかなか判断しづらいです。寿命は長くて10年といわれていますが、使用頻度によってはもっと早く交換時期が来るケースも考えられます。

水道パッキンをそのままにしておくと水漏れの症状が悪化し、業者に頼むとより高い費用を請求される場合もあるかもしれません。費用を抑えたいなら、水道パッキンの異常を感じた際にすぐに依頼したり、自分で応急処置したりする必要があるでしょう。

また、何度もお伝えしていますが水道パッキンを自分で取り付けるのはなかなか難しい部分もあります。取り付けが甘いと水漏れを引き起こしますし、結局業者に依頼して費用を支払わなければいけないこともあるでしょう。

部品や工具をせっかく手に入れても、業者に依頼して二度手間になってしまったら意味がありませんね。水道パッキンを何度か付け替えた経験がある方であれば自分で交換するとよいかもしれませんが、初心者の方は業者に依頼するようにしましょう。

費用はかかってしまうものの、安全かつ専門知識を持ったプロが対応してくれるので、安心してまかせられますよ。スムーズに処理してくれるので、短時間でキッチンを使えるようにもなるでしょう。

キッチンに水漏れが起きると洗い物や料理をする際も影響が生じてきますし、なるべく早く対処したいものですよね。業者に依頼すればすぐに家まで来てくれますし、応急処理も円滑にしてくれるのは、業者に依頼する大きなメリットだといえるでしょう。

中には出張料も無料にしている業者も多いので、複数社に見積もりを依頼して、その中から信頼できる業者に頼むようにしましょう。

水道業者の中には悪徳業者も混じっていますから、騙されないように見極めがとても重要なポイント。信頼できる業者に依頼して、適切な価格で水道パッキンを交換してもらいましょう。

まとめ


今回は水道パッキンの修理に関する費用相場をまとめていきました。

水道パッキンの交換だけであればそんなに高い費用はかかりません。また、工具や部品などがあれば自分でも交換できるため、費用を節約したい方は挑戦してみるとよいでしょう。

ただし、慣れないうちから自分で交換すると取り付けが甘くて、再度水漏れが発生する場合もあります。できるだけ初心者の方は安全に水道が使えるようになるためにも水道業者に依頼することをおすすめします。

水道業者に依頼する際は複数の会社に見積もりを出してもらってから、決めるようにしましょう。悪徳業者に騙されないためにも、焦ってすぐに依頼するのではなく、冷静に考えてから判断することが大切です。

島根・鳥取のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「さんいん水道職人(山陰水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

さんいん水道職人(山陰水道職人) 0120-492-315

 さんいん水道職人(山陰水道職人) 0120-492-315