【水道局指定工事店】山陰のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「さんいん水道職人」 » システムキッチンを修理、交換するには?交換手順や費用相場を解説

山陰 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

システムキッチンを修理、交換するには?交換手順や費用相場を解説

2022年05月26日 キッチン
/>
長い間キッチンを使っていると、何かしらの不具合が生じるもの。使い勝手のいいキッチンにリフォームしたいと考えている人もいるかもしれません。

しかし、気になるのがキッチンリフォームの費用です。

この記事では、システムキッチンの修理・交換の手順やそれに伴う費用を徹底解説します。

システムキッチンの修理、交換費用について解説


システムキッチンの修理また交換費用は、50万円未満〜200万円以上とかなりの幅があります。

まず、ガスコンロ・レンジフード・食洗機の交換など部分的な工事であれば30万円以内で施工可能です。

ガスコンロを新しいタイプのものに変えるだけであれば7万円ほど、ガスコンロからIHクッキングヒーターに取り替える時には、工事費用は12万円ほどで交換できます。

部分的な取り替えでなくても、ワンルームにあるコンパクトなキッチンを交換する場合は、50万円以下で工事することも可能です。

しかし大抵の場合、システムキッチンの交換には費用が多くかかります。一般的に、キッチン全体を交換する場合は、50〜200万円ほどです。

新しく導入するシステムキッチンのグレードタイプや、性能、壁紙や床材によっても値段は変わってくるでしょう。

加えて、キッチンを位置変更する場合には、配管移動や壁の工事なども必須になります。場合によっては200万円を超えるでしょう。

特注品を採用してリフォームすることや、広範囲の内装が必要になることも費用アップの原因になります。

使いやすいシステムキッチンを選ぶには?


いざ、システムキッチンをリフォームするとなると、オプションを付けてしまいがちです。そこで、使いやすいシステムキッチンを選ぶポイントを3つ紹介します。

■現在使っているキッチンの不満をまとめる
どんなキッチンにしたいのかまとまらない人は、今使っているキッチンの不満点を書き出してみると良いでしょう。

汚れが目立つのが気になるという人は、汚れが目立たない素材を取り入れたキッチンにすることがおすすめです。

動きにくいという悩みがある場合は、動きやすさにこだわったキッチンにすることも可能です。家族みんなの意見を出し合って、イメージを膨らませてください。

■機能優先して選ぶ
さまざまなオプションを付けると、費用がかさんでしまいます。予算に限りがある場合は、まずは機能優先でキッチンを選びましょう。

シンプルグレードは、使い勝手を重視したい人にピッタリのタイプのキッチンです。さらに使い勝手を良くしたいという人は、システムキッチン交換の基本料金を押さえながらもオプションを充実できます。

■デザインにこだわって選ぶ
「多くの時間を過ごすキッチンだからこそ、デザインにこだわりたい」という人には、ハイグレードを選ぶことをおすすめします。

ミドルグレードは、シンプルグレードとデザインがほぼ変わりません。ショールームで実際に確かめてみてください。

システムキッチンの修理や交換を検討するタイミング


キッチンの修理はしたいけど、タイミングが難しいと感じている人もいるのではないでしょうか。キッチンリフォームのタイミングを取り上げます。

■不便さを感じるようになってきた
長い間キッチンを使っていると、小さな変化にも気づくものです。たとえば、お手入れしているのにすぐに汚れる場所があるかもしれません。

キッチン本体の耐用年数は平均15〜20年ですが、設備や機能によっては本体よりも耐用年数が短くなります。

たとえばガスコンロは10〜15年ほど、ガス給湯器は10年程度で交換する必要があります。

年数に満たなくても設備に不便さを感じてきた場合は、修理や交換を検討する絶好の機会でしょう。

■家族構成の変化
子供が生まれたり両親と同居するようになったりと、ライフスタイルが変わるときに、リフォームを検討する必要が生じることがあります。

小さな子どものために、ガスコンロからIHヒーターに変えるといった家庭も少なくありません。家族が増えた人は、食洗機を設置することで家事を時短できます。

■最新の設備を取り入れたい
近年、キッチンには新しい設備が豊富にあります。使っている設備は、年数が経つにつれてどんどん古くなっていっていることでしょう。

そんな時に、テレビのCMを見て、取り入れたいと思った設備を見つけることがあるかもしれません。取り入れたい設備の価格が、以前より価格が下がっていることもあります。

そんな時は、ショールームに行って実際に見学してみてください。自分好みのキッチンに出会えるかもしれません。

システムキッチンを交換するには?手順を解説


システムキッチンを交換する際、どんな手順を踏めばよいのでしょうか。リフォームを思い立ってから施工完了までには、約2か月の期間がかかります。

年内に終わらせたいという人は、遅くても9月末には検討を始めてください。まずは、リフォーム業者探しからスタートしてください。

工務店・住宅設備メーカー・リフォーム会社・設計事務所など、業者によっても特徴はさまざま。得意とする工事や特色にも違いがあります。

費用や仕上がりにも納得できるシステムキッチン選びをする点で、満足できるリフォーム業者を選んでください。インターネットや雑誌、口コミ情報などを参考にできるでしょう。

その後に、さらに詳しく業者選びに入ります。詳しい業者選びをする上でチェックしておきたいポイントは2つ。

1つ目のポイントは、経験や実績が豊富かどうかということです。

業者としてどんな実績があるのか、何年まえからリフォームしているのかなど、具体的な実例をホームページで探してください。

業者によっては、工事完了後の家を見学させてくれるところもあります。

2つ目のポイントは、アフターサービスや保証制度の有無です。リフォームの場合、業者によってアフターサービスの有無や期間に違いがあります。

キッチン洗面所など、商品自体の不具合に関してはメーカーの保証がありますが、工事自体にはリフォーム業者の保証が必要です。

依頼前にアフターサービス内容や期間をチェックしておきましょう。これらの点を踏まえて業者を絞り込んだら、いよいよ見積もりをとっていきます。

見積もりを取る業者は3社ほどです。相見積もりは、価格を見比べるだけでなく、自分が求めるリフォーム会社であるか見極める大切な過程になります。

適正価格か、しっかり話を聞いてくれるか、丁寧な説明ができているかなどをチェックしてください。

自分との相性も大切です。見積書をチェックする際には、メーカー定価詳細やプランシートもチェックします。これらが無いとキッチンの詳細が分かりません。

メーカー定価詳細やプランシートを見ると、同じ仕様・オプションのシステムキッチンになっているか分かるはずです。見積書だけで判断すると、オプションを見落とす可能性があります。

最後に、商品の割引率には誤魔化されないようにしてください。メーカーごとで設定される標準的な割引率は異なります。価格は商品代と工事費を足した合計金額で比較してください。

まとめ


キッチンがすぐに汚れるようになってきた、家族構成が変わったという場合は、システムキッチンの修理・交換のタイミングです。修理場所によっても費用は変わってきます。

まずは、交換したいキッチン部分や欲しい設備をイメージすることから始めてください。リフォームは業者選びにかかっています。

経験や実績が豊富かどうか、アフターサービスや保証制度があるかどうかを確かめて業者を選びましょう。

島根・鳥取のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「さんいん水道職人(山陰水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

さんいん水道職人(山陰水道職人) 0120-492-315

 さんいん水道職人(山陰水道職人) 0120-492-315