【水道局指定工事店】山陰のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「さんいん水道職人」 » キッチンの蛇口から水漏れする原因は?水漏れが起こったときの対処法も紹介

山陰 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

キッチンの蛇口から水漏れする原因は?水漏れが起こったときの対処法も紹介

2021年12月14日 キッチンのトラブル


キッチンの蛇口から水が滴り落ちて、気になるという経験はないでしょうか?少量の水であっても長い時間そのままにしていると、水道代がかさんでしまいます。

蛇口の締め具合がゆるかったという単純なミスの場合もありますが、解決しないのであれば何らかの処置が必要です。本記事では水漏れの応急処置法と原因、対処法を紹介します。

キッチンの蛇口から水漏れした際の応急措置


キッチンの水漏れトラブルは意外とよくあることです。少量の水漏れも長時間にわたると多くの水が無駄になり、水道料金が跳ね上がります。キッチンの蛇口の破損や水が噴射するような水漏れが起きた場合には、水を止めることが先決です。水を止める方法は2つあります。

1つ目はキッチンの止水栓を止める措置法です。

こちらは台所の水だけを止める時の対処法です。キッチン止水栓は主にシンク下収納あるため、位置を確認しておきましょう。

止水栓はハンドルタイプとマイナスドライバーを使うタイプがあります。老朽化した止水栓がさびて固くなってしまって回らない時は無理をせず、水道の元栓を止めましょう。

力ずくで回すと栓や給水管が破損してしまい、水が噴き出す恐れがあります。この作業を行うときは、充分注意して下さい。

2つ目は元栓を締める方法です。

止水栓の位置が分からない場合も元栓を閉めて対応しましょう。元栓は一般的に水道メーターの近くに設置されていますが、元栓を閉めると水漏れしているキッチンだけではなくトイレやお風呂、洗面所など家中すべての水が出なくなることになります。

水漏れが起きた時にあわてずすぐに対応出来るように、日頃から水道の元栓や止水栓の位置の場所、閉め方を確認しておきましょう。キッチンの蛇口の水漏れを修理するときにあると便利な工具は、水栓スパナやモンキーレンチ、モーターレンチやプラスドライバー、マイナスドライバーです。

キッチンの蛇口から水漏れする原因を探ろう!


台所の蛇口から水漏れが発生した場合、パッキンやカートリッジの劣化が原因であることがほとんどです。蛇口の耐用年数は約10年です。10年を過ぎるといつ水漏れが起きてもおかしくない状態になります。

キッチンの蛇口にはハンドル混合水栓とシングルレバー混合栓の2種類の栓があります。

ハンドル混合栓は歴史ある蛇口タイプなので、築年数の古い住宅によく見られます。シングルレバー混合水栓と比較すると構造が単純で寿命が長いという利点があります。

ハンドルは上からねじで留められていて、ナットと三角パッキンやスピンドル、コマパッキンと複数の部品がハンドル内部で接続されてハンドルを固定しています。

このパッキンがゴム製なので、劣化して水漏れを起す原因になります。また、ナットの緩みも水漏れの原因として考えられます。

シングルレバー混合栓は最近の一般家庭に広く普及しています。シングルレバー混合水栓はレバーが自在に動くためレバーの下部に隙間が生じやすく、そこから水漏れする恐れがあります。

また、レバー下から水が漏れてしまうこともあります。これはバブルカートリッジに使用されている部品の内どれかが消耗していることが原因です。蛇口と他の部品を接続するパッキンの劣化も考えられます。

バルブカートリッジは10年以上使っていると消耗が激しく、水漏れが起こる可能性が高いです。また単純なハンドル混合水栓よりも便利にはなりましたが、構造が複雑になった分、ナットの緩みやバルブの故障、スパウトやパッキンの不良などが原因となることもあります。

キッチンの蛇口から水漏れした際の対処法


蛇口によって様々な水漏れがあります。水漏れしている個所によって、原因も特定できます。まずはどこから水漏れしているかを特定し、それから原因に対する適切な直し方を考えましょう。

「ハンドル混合水栓」の蛇口は構造が単純です。交換パッキンはホームセンタ―などでも購入出来るため、家に工具が揃っているのであれば自分で修理することも可能です。その場合には必ず元栓を閉めて排水口を塞ぎ、部品の落下を防いでから作業をしましょう。

「シングルレバー混合水栓」タイプの蛇口からぽたぽた水漏れして止まらない時は、内部のコマパッキン(ケレップ)に痛みや劣化が考えられます。

ケレップを交換するか、ケレップのパッキンのみの交換で直ります。ハンドルの付け根からの水漏れはパッキンの劣化が原因なので、内部のパッキンを確認して、同じものを購入して、交換しましょう。

シングルレバー混合水栓タイプの場合はお湯と水を混合させるカートリッジの劣化も水漏れ原因となります。その場合はメーカーと型番を確認してカートリッジを購入し、交換します。

自分で修理する場合は作業中に蛇口本体が回らないよう、そしてカートリッジのフタを締めすぎないように注意してください。基本的にシングルレバー混合水栓タイプのカートリッジ交換は複雑であるため、DIYに慣れていない人であれば専門業者に依頼した方が良いでしょう。

まとめ


キッチンの蛇口から水が滴り落ちていませんか?それは水漏れが発生しているサインかもしれません。蛇口のゆるみが原因でなければ対応が必要です。

キッチンの蛇口には「ハンドル混合栓」と「シングルレバー混合水栓」という2つのタイプがあることがわかりました。そしてタイプごとに原因や対処法も異なります。

キッチンの蛇口で水漏れが発生した場合にはまずキッチンの止水栓を閉めるか元栓を締めることで応急処置し、水漏れの原因を探ることが大切です。そして原因に合った対処法を実践しましょう。

水漏れの応急処置と原因、対処法を頭に入れておけば急な水漏れでも慌てずに対処できることと思います。

島根・鳥取のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「さんいん水道職人(山陰水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

さんいん水道職人(山陰水道職人) 0120-492-315

 さんいん水道職人(山陰水道職人) 0120-492-315